葉山 - エリア

エリア

2012/12/11
葉山

葉山の矯正歯科に関する基本的な記述になります。主にワイヤー矯正をしたときの治療期間や治療の流れに関する説明となっています。 矯正歯科は、歯の並びがガタガタになっていたり、前歯が前方にでている場合に、紙合わせの良い状態に修正する治療のことを言います。 葉山の矯正歯科で最も多く採用されている方法に、「ワイヤー矯正」がありますが、簡単に治療の流れについて説明します。 まず、歯科クリニックに訪問したら、専門医による検査が行われ、矯正法の検討が行われます。 そして、ワイヤー矯正で行うと決定したら、ブラケット・ワイヤーを装着して、少しずつ歯の位置を修正していくことになります。 ここで、患者に虫歯などがある場合には、基本的には矯正を始める前に虫歯の治療が行われます。 その後、矯正が終了したら、位置の修正が行われた歯が元に戻らないようにする「保定」が行われいます。 歯列矯正が行われた患者の歯は、元の状態に戻ろうとする力が働いていますので、理想的な位置に固定されるまでの間、保定が行われることになります。 このワイヤー矯正が終了するまでの期間は、平均的には2年程度になりますが、治療する歯の状態によっては、3年以上かかってしまうケースもあります。 ワイヤー矯正に関する疑問などがある場合には、葉山付近の矯正歯科に詳しい歯科医に相談してみることをお勧めします。 -------------------------------------------------- 【題名】鎌倉市|舌側矯正による矯正歯科の基本 【要約】鎌倉市における矯正歯科に関する基本事項の説明になります。矯正法の一つである舌側矯正(リンガルブラケット)の基本的な事項について書かれています。 歯並びの悪い状態からきれいで美しい歯並びに矯正する治療を矯正歯科と言いますが、一般的に行われる治療法に「ワイヤー矯正」というものがあります。 ワイヤー矯正は、最も多くの実績があることで、鎌倉市の患者にとっても非常に安心して受けることのできる治療になりますが、矯正をしていることが分かってしまうデメリットがあるのも事実になります。 そのため、女性の患者などには、ワイヤー矯正ではなく「舌側矯正」という治療法が選択されることもあります。 舌側矯正は、リンガルブラケットとも呼ばれる方法になりますが、ワイヤーやブラケットなどの金属製の装置をすべて歯の裏側に装着させる点に特徴があります。 そのため、矯正期間中、矯正装置が目立ってしまうというデメリットを克服することができる治療法になります。 舌側矯正は、一般的なワイヤー矯正と比較すると治療費が高額となってしまうデメリットがありますが、鎌倉市でも比較的多く採用される治療法になります。 人と多く接する機会がある仕事に付いている方などにメリットが大きくなる治療法ですが、舌側矯正に関する矯正歯科についての疑問などは、鎌倉市で信頼できる歯科医に相談してみると良いでしょう。 -------------------------------------------------- 【題名】三崎口駅|舌側矯正による矯正歯科のメリット・デメリット 【要約】三崎口駅周辺の矯正歯科に関する説明になります。矯正法の一つである舌側矯正(リンがるブラケット)に関するメリット・デメリットについて説明されています。 舌側矯正による矯正歯科には、外見から矯正していることが分かりにくいというメリットがありますが、基本的なメリット・デメリットについて説明します。 まず、舌側矯正のデメリットとしてあげられるものに、 ・違和感を感じることがある ・治療期間がワイヤー矯正よりも長期間となることがある ・矯正中は虫歯になりやすいので、注意深くブラッシングをする必要がある などをあげることができます。 治療費がワイヤー矯正よりも高額となってしまう点などもあげられますが、"虫歯となりやすい"という点に最も注意する必要があります。 また、逆に舌側矯正のメリットとしては、「矯正をしていることに、ほとんど気付かれることがない」という点になります。 三崎口駅周辺の患者でも、患者が女性のケースや、接客・営業などのような人と多く会う仕事に就いている患者の場合、舌側矯正を選択されるケースが多くなっています。 基本的には、ワイヤー矯正と同じような流れで治療が進められますが、技術的にも高度なテクニックが必要になる治療法になります。 矯正歯科における舌側矯正に関して、不明な点などがあれば、三崎口駅周辺の矯正歯科に詳しい歯科医に相談してみる必要があります。

月別アーカイブ

初診予約、ご相談はこちら