横須賀市 さいとう矯正歯科 矯正治療と管楽器

矯正治療と管楽器

矯正治療と管楽器を両立した患者様へのアンケート集

管楽器歴:1年半の患者様 現在高校生 中学1年生から始めた
管楽器の種類:フルート・ピッコロ
練習時間:平日2時間 休日7時間

装置をつけて、楽器は吹けましたか?(吹けなかった期間なども教えて下さい)

最初の3日間ぐらいは痛みもあってほとんど吹けませんでした。   
その後も音色がくずれて、本当に安定するまでは3ヶ月ぐらいかかりました。

装置をつけて、楽器の演奏はどのように大変でしたか?また辛かったことなどありましたら、 教えてください。

以前のように思いように口がしめられず、音色が悪くなったり、音が一定にのばせなくなりました。
あと下の矯正装置と下くちびるが強くあたって口内炎ができたり、痛かったりしました。

楽器を演奏する時、どのような工夫をされていましたか?(練習方法など)

フルートの先生に見てもらって頭部管の向きを変えたり、アドバイスをもらった上で、 ロングトーンをとにかくたくさんやりました。
あと口に力が入ってタンギングが遅くなったので、タンギングの練習をかなりしました。

装置を外して、楽器の演奏はいかがでしたか?

外す前はまた音色が悪くなるだろうなと思っていたのですが、外してみたらそこまで音色は悪くならず、1週間程度で慣れて、前より口の力が抜けたので音色は良くなったと思います。

これから矯正治療をする方へ、メッセージやアドバイスなどありましたら、お願い致します。

音色が悪くなったり、口が痛くなったりしますが、一生懸命やれば決して乗り越えられないものではないと思います。しかし顧問や講師の先生と相談することは大切です。
私のように外した後に今までより上手になれる人もいるので諦めずに頑張ってください 。

初診予約、ご相談はこちら