横須賀市 矯正治療を受ける歯科医院を選ぶポイント

矯正治療を受ける歯科医院を選ぶポイント

さいとう矯正歯科クリニック 院長の斎藤伸雄です。

矯正治療は一般的な歯科治療と違い、長期間の治療が必要になります。
治療費も80万円を超えるのが一般的ですので、「矯正治療を行う歯科医院を簡単に決めてしまう方」はいないと思います

ではどのように矯正治療を受ける歯科医院を決めればいいのか、矯正歯科治療を行う立場だけでなく、「実際に自分が治療を受けるとしたら」という立場から、分かりやすく説明いたします。   

それでは矯正治療を受ける歯科医院を選ぶポイントを具体的に説明いたします。

1.安心で信頼できる治療をしてくれる歯科医院でしょうか

患者さんご自身が、歯科医院の治療技術を確かめる方法は残念ながら大変に難しいでしょう。

しかし日本矯正歯科学会では、認定医・専門医という制度があり、それぞれ厳しい認定試験を受け、合格した歯科医師のみが日本矯正歯科学会認定医もしくは専門医と名乗ることができますので、少なくとも認定医、できれば日本矯正歯科学会専門医を取得している歯科医師のもとで治療を受けることをお勧めします。

日本矯正学会は会員6千名を超える日本で最も古く権威のある学会ですので、信頼できる制度と言えます。日本矯正歯科学会認定医は3千名ほどの歯科医師が合格しています。
その上の日本矯正歯科学会専門医は認定医を取得している歯科医師のみが試験を受けることができ、合格率も50%前後ですので、大変厳しい認定試験です。

日本矯正歯科学会専門医を取得している歯科医師は300名程度しかいませんので、専門医を取得している歯科医師は、十分に信頼できる治療技術を持っているだけでなく、矯正治療を行う歯科医師を育てるという、将来の矯正治療を進歩発展させる重要な役割を担っているといえます。

2.長期間通うことができる歯科医院でしょうか

長い期間通うことになる矯正治療は、矯正治療期間だけでなく、矯正治療が終わっても歯並びに問題が起こらないようにメインテナンスとして通わなければなりません

これらのことを考えると、歯科医院の場所が大事なだけではなく、歯科医院で治療を受けることができる曜日や診療時間も大事だということを理解して欲しいと思います。

歯並びの症状によっては10年以上通うことが必要な場合がありますので、とても重要なことです。

例えば月に一回のみ矯正治療を行っている歯科医院で治療を受けるとしたら、どうでしょうか。
場所は自宅から近く通いやすいとしても、進学や就職することによって、月に一回の診療に行けなくなると、2か月・3か月は行けなくなってしまうことも十分に考えられます。

医院の雰囲気はどうでしょうか。
長く通うのであれば、楽しく快適な歯科医院に通いたいですよね。

3.緊急なことに対応してくれる歯科医院でしょうか

矯正装置は壊れやすく、壊れた場合にすぐに対応してもらえる歯科医院を選ぶべきです。

また不安で質問したい時など、急に歯科医院へ行かなければならない時も頻繁にあります。
矯正治療のできる診療日を必ず確認するようにしましょう。

極端に診療日の少ない歯科医院ですと、装置が壊れても修理は1か月後になってしまうことになれば、治療が遅れていくのは目に見えています。

不安で質問したいときも、診療日が少ない医院だと、担当医が不在のため質問に答えてもらえないので、不安な毎日を過ごすことになってしまいます。

4.分かりやすく説明してくれる歯科医院でしょうか

「分かりやすく説明してくれるか」は、実際に相談を受けてみなければ分かりません。
逆に説明を受けるだけであれば、気楽に受けることもできます。
分かりやすい説明なのは当たり前です。

ここで重要なのは矯正治療のいいところだけでなく、リスクなどのデメリットなども説明してもらえる歯科医院であれば信頼できます。

また「治療は簡単ですよ」とか「安くお気軽な治療です」といった説明は危険です。

むしろ「大変だ」ということや、「長期間の治療が必要になる」ということなど、矯正治療のデメリットを十分に説明する歯科医院の方が、私は信頼します。

質問をしづらい雰囲気の歯科医院もありますので注意してください。

5.「床矯正装置」「抜かない治療」以外の治療を説明してくれる歯科医院でしょうか

「床矯正装置」を勧める歯科医院が多くあります。「しょうきょうせいそうち」と読みます。

この装置は数多く種類のある矯正装置の中でも古く、取り外しができるために、低年齢児の歯並び治療に使うことがあります。使い方によっては、とても有効な装置です。
しかし大雑把には並べられますが正確に歯を並べることはできません

床矯正装置を勧める歯科医院の中でも、良心的な歯科医院であれば、床矯正装置だけで満足できる歯並びにならない場合も想定して、ワイヤーでの矯正治療の説明があると思います。

もしワイヤーを使用する矯正治療の説明がなければ、

  • 床矯正装置だけで満足できる歯並びにすることができるでしょうか」
  • ワイヤーでの治療が必要になる場合料金と治療期間はどれくらいでしょうか」

ということを必ず聞くようにしてください。

料金や治療方法に関して明確な返答ができない歯科医院では、床矯正装置の代金が無駄になってしまう可能性があります。

また多くの患者さんにとって「抜かない治療」を推奨する歯科医院の説明は魅力的だと思います。
患者さんだけでなく、矯正治療を担当する歯科医師の全員が「できれば抜かずに治療したい」と思っているのです。
そのため「抜かないで治療する」という説明は、患者さんにとって簡単に安心できる説明といえます。
しかし「抜く治療」「抜かない治療」では、治療後の歯並びの状況が大きく変わってきます

メリット・デメリットがありますので、両方を比較検討し、顔面骨格と歯並びの状況から、患者さんと歯科医師が十分に話し合って決めるのが正しい歯科医師です。

また前歯が出ている歯並びの治療は「抜かない治療」では、改善が難しい場合が多いのが事実です。
全ての患者さんに「抜かない治療」をすることはできません。

ですから「抜かない治療」を希望されても、そのメリットだけでなく、デメリットを伝えることができる歯科医師が信頼できるといえます。

6.総額で料金はどのくらいになるか具体的な説明がある歯科医院でしょうか

料金は総額の料金を計算するようにしましょう。

最初は安い印象の矯正料金でも、追加料金が発生したり、毎回の調整料が必要で、合計金額にすると、最初の印象より大幅に高額な費用になることがあります。

矯正治療が終了し、メインテナンスの費用が追加でかかる歯科医院もありますし、最初の治療費に含まれている歯科医院もあります。

簡単な矯正治療しかできない歯科医師もいて、本格的な矯正治療が必要になると、矯正専門の歯科医院に治療を引き継ぐことがありますが、その場合も当然次の矯正専門歯科医院で料金が追加されることになります。

また治療は長期のために、「分割はできるのか。無利息もしくはどの程度利息が発生するのか」を考えておくことは大事です。

分割で利息が必要になる場合の総額も、必ず計算するようにしましょう。

7.歯ブラシ指導をしてもらえる歯科医院でしょうか

矯正治療の最大のデメリットは、虫歯になりやすくなるということです。
このデメリットを防ぐために、良心的な歯科医院では、矯正治療前に歯ブラシ指導を十分に行います。

歯ブラシ指導を担当する歯科衛生士(歯科医院の看護師)が常勤していて、歯ブラシ指導をしてもらえるかどうか、必ず確認するようにしましょう。

8.医院の雰囲気が良い歯科医院でしょうか

歯科医院の雰囲気を見るには、担当する歯科医師ではなくスタッフに注目してください。雰囲気の良い歯科医院はスタッフの雰囲気が良く親切です。

歯科医院の雰囲気は内装や歯科医師が決めるのではなく、多くが「受付や歯科衛生士」などの歯科医師以外のスタッフが雰囲気を作っています。
スタッフが優しく親切であれば、そこの歯科医院の歯科医師も優しいのが通常です。

しかし優しい先生の治療が上手とは限りません。
逆に怖い先生の治療が上手とも限りません。「優しい・厳しい」で治療技術の評価にはなりません。

ただこれだけは正確に言えることは、良心的な歯科医師は怒ったり感情的な言い方はしませんし、患者さんに言いづらい厳しいことも優しくハッキリ伝えるのが信頼できる歯科医師だと思います。

治療を受ける歯科医師の人柄は、今後長期に渡って治療を受けるのですから、良い雰囲気の歯科医院で治療を受けたいと思うのが正しい考え方でしょう。

多くの歯科医院を見てきましたが、スタッフが丁寧でやる気のある歯科医院は、スタッフと歯科医師の信頼関係が取れているだけでなく、歯科医師も勤勉でスタッフから尊敬される存在であるので、治療技術も高いと言えます。

ですから雰囲気の良い歯科医院を選ぶということは、快適性だけでなく治療技術を見極めるということでも重要だと考えています。

9.引っ越しや転勤がある場合に、適切な対応してもらえる歯科医院でしょうか

転勤で歯科医院を変えなければならない場合でも、驚くことに矯正料金の返金をしてもらえない歯科医院もあります。

特にローン会社を仲介して料金を分割している場合は、ローン会社は返金してくれません。なぜならローン会社は患者さんに一時的にお金を貸すことにより利益を出しているので、料金を返してしまえば、損失になってしまうからです。

一括で料金を支払った場合でも、その歯科医院が料金の精算をしてもらえるのか必ず確認するようにすべきです。
急な引っ越しや、諸事情により矯正治療を中止にしなければならない可能性がゼロではありません。

引っ越しをする場合でも、引っ越し先の矯正歯科医院を紹介してくれるだけでなく、今までの経緯やレントゲンなどの資料を紹介先の歯科医院に送り、スムーズに治療を継続できるようにしてもらうのが普通だと思いますが、このような手続きをしてもらえないし、料金の返金もない歯科医院があるのも事実ですので、注意してください。

10.矯正治療の設備が整っている歯科医院でしょうか

設備の整っている歯科医院には何があるのでしょうか。

矯正歯科治療と一般歯科(虫歯の治療など)では、設備が異なりますので、矯正治療をする上で、十分な設備があるか確認してください。
最低でもセファロという顔面骨格のレントゲン機器がある歯科医院を選びましょう。
セファロの撮影がなく、結果的に顔面骨格の診査もなしに治療を行うのは、私には怖くてできません。

矯正治療を行っている歯科医師であれば、顔面骨格の計測を行った上で歯を抜いて矯正治療をするかどうかを決めるのが、矯正歯科治療の一般常識であるといえます。最近ではデジタル技術の発達でレントゲンもデジタル化して、放射線量が少なくなりました。

11.担当する先生が病気や怪我で入院しても治療は継続できる歯科医院でしょうか

矯正治療は歯科医師の中でも、歯科大学卒業後に専門的に教育を受けてきた歯科医師が担当しますので、矯正治療を行うことができる歯科医師は、圧倒的に少ないのです。

ということは、担当している歯科医師が病気や怪我などで、仕事ができなくなってしまうと、他の歯科医院に代えることができないので、非常に困ったことになります。
そのため矯正治療ができる歯科医師は、自分の健康管理に非常に気を使っています。

残念ながら歯科医師はスーパーマンではありません。
病気や怪我をすることもありますので、複数の矯正治療を専門に行うことができる歯科医師が勤務している歯科医院が安心です。

また日本臨床矯正歯科医会という矯正専門の歯科医院のみが加入できる歯科医師会があり、日本臨床矯正歯科医会では、医院を運営する歯科医師が万が一病気で診療ができなくなった場合でも共済制度があり、患者さんの治療を他の会員(矯正専門の歯科医)が継続するシステムが確立されていますので、日本臨床矯正歯科医会に加入している歯科医院であれば、比較的安心といえるでしょう。

初診予約、ご相談はこちら