甘い言葉とマウスピース型矯正(インビザライン)

マウスピース型矯正治療(インビザライン)の注意点

院長の斎藤伸雄です。マウスピースで行う矯正治療は、歯科医師と患者さん双方に、簡単な治療ではありません。

 

マウスピースでの矯正治療を始める歯科医院を選んでいる方に、読んでいただきたいと思い緊急執筆しました。

 

さいとう矯正歯科クリニックではマウスピース型矯正治療(インビザライン)での治療を受けることができます。

近年では、マウスピース(インビザライン)での矯正治療を希望される方が増えてきていることは明確な傾向ですね。

コロナでのマスク生活の影響で、日本全国的にワイヤーでの矯正治療を始める患者さんが大幅に増加しているそうですし、当院でも初診相談の予約が難しい状況が続いていました。

2年近くマスク生活ですが、オミクロンの急激な増加から考えると、コロナの収束も近いと期待しております。

今後マスクを使わない生活に戻れば、ワイヤーでの矯正治療に抵抗を感じる方の多くが、マウスピースでの矯正治療を開始することになるでしょう。

 

マウスピース治療(インビザライン)で矯正を受けることを検討している方は、欠点もあることを知って欲しいと考えていますし、安易に治療を始めないように、よく検討していただくことを推奨しています。

 

マウスピース型矯正治療(インビザライン)のメリットは?

メリットは、当たり前ですが、装置が目立ちにくいこと、食事中に装置が外せるので、食事中の違和感が少ないことです。

治す立場の矯正歯科医からの立場として、最もメリットだと感じることは、虫歯になるリスクが、ワイヤーでの矯正と比較すると、かなり少ないことです。

今まで、多くのマウスピース矯正治療を行ってきましたが、マウスピースが原因で、虫歯を作ってしまうことは、今のところありません。

これはワイヤーでの矯正治療と比較すると、絶大なメリットだと思いますので、今後はマウスピースで治療できる患者さんの割合を増やしていきたいと思っています。

 

残念ながらデメリットもあります。

患者さんの使用状況によって、歯の移動が予測通りに動かないことや、患者さんのライフスタイルや考え方によって、そもそもマウスピースでの矯正治療ができない場合があります。

つまり、患者さんが、歯科医師の説明通りに装置を使用すれば、計画に近い状況で歯の移動を行うことができますが、マウスピースの使用時間が不足したり、数日マウスピースの使用をしなかったりすると、歯の移動ができないため、矯正治療ができないことになってしまいます。

 

このように残念ながらマウスピースでの矯正治療が途中で中断となる患者さんが一定の割合で発生します。これは、特に保護者様が矯正料金をお支払いして、マウスピース型矯正治療を始めてしまうと、治療中断してしまう可能性が、かなり高くなると考えています。

 

せっかく治療を始めて、途中で中断してしまうと、それまでの費用が無駄になってしまいますし、歯科医院スタッフと患者さん双方にとって、悲しい結果となってしまいますので、治療中断だけは避けたいと考えています。

さいとう矯正歯科クリニックでは、マウスピース型矯正治療(インビザライン)を始めて、治療の継続が難しくなってしまった場合は、ワイヤーでの矯正治療に切り替えます。

そのような対応であれば、患者さんの費用的な損失や、治療が遅れてしまうことが、少なくできます。

さいとう矯正歯科クリニックではマウスピースでの矯正を希望する方には、メリット以外のデメリット・注意点も十分に説明させていただいた上で、マウスピース矯正治療を始めるか検討していただきます。

 

大変残念なことに、他の歯科医院でマウスピース型矯正治療をして、矯正治療を中断し、当院での矯正治療を希望する方が、増えてきました。

治療中断は、転勤などで、引っ越しが要因となることもあります。

矯正治療を行っている歯科医院を変えてしまうことにより、費用的な負担が増大し、治療期間も大幅に延長してしまいますので、元の歯科医院で治療を継続するよう説明するのですが、元の歯科医院での治療を希望されない方が、多いのが悲しい現実です。

 

ここでまとめです。

マウスピース型矯正治療の注意点

  1. 患者さんが歯科医師の指示通りにマウスピースを使用しないと歯の移動ができない。
  2. 装置の装着が、地味に難しい。
  3. 引っ越しなどで、歯科医院を変えなければならないときに、対応ができないため、治療費や治療期間が大幅に増えてしまう。
  4. 食事、歯ブラシ以外は、原則マウスピースの装着が必要なので、予想外に気合と根性が必要です。
  5. 歯科医院選びが重要です。「矯正治療を行うための分析診断ができる歯科医であるか」「矯正治療後の後戻りの対応など事前に説明が十分であるか」「途中でマウスピース矯正が出来ないとなると、ワイヤーでの治療に変更できるか」「矯正治療後の後戻りの管理についての説明が十分あるか」など治療を始める前に必ず確認すべきです。

医院紹介動画

3次元CTで安心安全 矯正治療

診療時間

  日/祝

当院への地図

当院への地図
〒239-0831
神奈川県横須賀市久里浜1-5-1
鈴栄ビル301
京急久里浜駅

求人情報

求人 歯科医師
求人 歯科衛生士

診療案内

治療の進め方

flow

裏側(見えない)
矯正

invisible correction

マウスピース型
矯正装置

Invisalign

床矯正治療

orthodontic treatment

料金表

price

よくある質問と答え

faq

矯正治療と管楽器

treatment and music

矯正治療のリスク・
副作用

side effects

院内案内

院長紹介

院長紹介

director

スタッフ紹介

スタッフ紹介

staff

3次元CT

3次元CT

3D

当院の特徴

当院の特徴

feature

院内ツアー

院内ツアー

tour

院内新聞

院内新聞

tour

わくわく楽しいイベント

わくわく
楽しい
イベント

event

出張講演

出張講演

trip lecture

当院への地図

当院への
地図

map

求人情報

歯科衛生士

dental hygienist

歯科医師

dentist

求人DVD

Job dvd

ブログ・コラム

矯正歯科の豆知識
Facebook
横須賀市成人矯正相談室
日本臨床矯正歯科医会